居抜き物件の注意点とまとめをお伝えします

居抜き物件は低コストですぐに開業をすることができるメリットが有りますが、いくつかの注意点もあるのでそれを覚えておかなければなりません。ひとつはレイアウトの自由度が低いということがあり、すでに設備が設置されている分だけそれを好きな様に配置換えしようとすると結局お金がかかってしまうというものがあります。次に設備の老朽化の問題があり、すでに使用されているものだけに何時壊れたり不具合が起きたりするかは予想できないというのも、居抜き物件の欠点となっています。そして、前の店舗が立ち退いた理由をはっきりさせておかなければ同じ理由によってすぐに閉店をすることになってしまう可能性もあるので、そのような部分もはっきりさせておかなければならない注意点となります。

居抜き物件は思い通りにならない欠点がある

居抜き物件は最初から設備がすでに整っているので、それをそのまま流用するのであれば内装を少し変更するだけですぐにでも開店をすることができます。しかし、実際にはレイアウトに不満があったり設備に不満があったりして、思い通りにならないということは少なくありません。キッチンの高さが数センチ違うだけでも使い心地というのは変わってきますし、すでに配置されているものを配置換えするにしても制約があるので必ずしもイメージ通りの店内にできるわけではないというのを気をつけなければなりません。次に残っている設備は当然中古品であり、保証がなければ不具合が出た時に入れ換えなければならないので短期間でダメになってしまった場合には、予想外の余計な出費が発生するリスクも有ります。

居抜き物件を選ぶならリスクを理解して

居抜き物件はメリットも大きいものの気をつけなければ、ならない注意点もいくつかあります。レイアウトの自由がきかないという部分に関しては、働く人が慣れてしまえば良いだけなのでイメージ通りにできなくても致命的な問題とはなりませんが、設備の老朽化の問題は気をつけていないと余計にお金がかかってしまうだけになってしまうことになるので注意が必要です。更に居抜き物件で同じような業種の店を開く時には、前の店舗がなぜそこからいなくなったのかを確認しておかないと売上が全く伸びずにすぐに閉店することになってしまう可能性もあります。居抜き物件というのは低コストで気軽に開業をすることができる分だけ、事前にリスクをよく理解してその上で居抜き物件を利用する必要があるのです。